So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の10件 | -

11月15日 ジョー・ソロー。 [ペンタトニック・スクール]

前回エアロのアメイジングをアップしました。
サッと撮って出せるように昔いちどコピーしたことがあった曲を弾きました。

とは言ったものの、ほとんど忘れてしまっていたので、ソロを中心におさらいしました。
昔はタブ譜を丸暗記するだけでしたが、今はソロなんかはスケールを書き出しています。
その方が断然覚えやすいので。

せっかくなので分析の成果?を記事にしましょう。

ここでもう一度ソロのビデオを。


ソロはだいたい2分57秒くらいから始まります。
ブラウザが対応していれば、上のビデオをクリックすればそこから再生します。

この曲のソロは大きく3つのポジションに分けられます。

C1.gif

C2.gif

C3.gif

このうち3つめのハイポジションはCメジャー・ペンタトニックの3番目のポジション。
基本的なペンタの形ですね。

アメイジングは最初はAmから始まるのですが、ソロの部分で裏返ってCメジャーにキーが変わります。
(AmとCメジャーは同じ音で構成されているので表裏一体のかんけいなのです。
その辺は以前のペンタトニックスクールを参照してちょ。)

それまで暗い感じだった曲が、メジャーに転換することで一気にテンションアップします。
このギターソロにやたらとカタルシスを感じるのはこれが大きな要因です。

で、ソロはローポジションから始まります。
基本はここもCメジャーペンタトニックなのですが、ここにB♭とE♭の音が追加されています。
この2つはCマイナー・ペンタの音なんですね。
ブルースの世界では、メジャ・マイナーのペンタを合体させて、強引にどちらのキーでも使えるようにしてしまっています。
「ブルース・スケール」なんて言ったりします。

ジョーペリーもこのソロでマイナーの音を足してCメジャー・ペンタよりも少し変わった響きを作り出しています。
↓ このポジションの青で囲った音ですね。赤い丸はCメジャーの音。あとは共通。

C1.gif

この付け足し加減がセンスなんですね。
あんまりやりすぎると気持ち良く無くなっちゃう。
けれどもその変態ぶりが支持されることもある。
この辺は結局弾き手の個性に左右されます。

ジョーはあくまでも味付け程度にやることが多いです。
今回も2つだけ。

で、これにつづくミドルポジション。

C2.gif

今度はCマイナーの方がメインになってしまっています。
メジャーキーでマイナーペンタを弾くと、独特のテンション感ある響きになるのでよく使われます。
ここにCメジャーの構成音であるAの音と、ブルース系ソロには欠かせない♭5thの音を付け足して、いつものジョー・ペリーお得意の形になります。
(詳しくはこれまでのジョーペリー編を参照ょ。コチラコチラ

ミドル・ポジションでも付け足す音は2つだけ。
これでいつもの指グセで弾きまくれるので、このミッド・ポジションが一番多く使われています。

このソロはジョー・ペリーのソロの集大成みたいなもので、ジョーおなじみのテクニックもふんだんに使われています。
そういうのもいくつか紹介して行きたいと思っていますが、それはまたいつか別の機会に続きます。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

11月13日 ジョー”ファッキン”ペリー。 [Youtbe動画]

週末に予定していたことができなくなってしまい、時間が空いてしまった。
ということで久々にビデオを撮りました。

ジョー・ファッキン・ペリーです。


かなり昔に一度コピーしたことがあったのですが、もう大分忘れてしまっていたので少しおさらいしてから録画に挑みました。

もともとこの曲のソロが大好きでね。
ジョー・ペリーが弾く中でも、断トツで一位です。

このソロの解説もまた近いうちにアップしたいですね。

音の方はビデオのラストにも出てきますが、
ギターからコンプ→Distortion++(ブースターモード)→Line6 POD HD300 とつないでいます。

POD HD300 の設定はこんな感じ。

amzg300.jpg

アイコンはいろいろと出ていますが、ONになっているのはノイズリダクションとアンプ、最終のリヴァーブのみです。

アンプはちょっと迷いました。
この次のアルバムくらいからは、小型コンボが多くなりますが、ゲットアグリップの頃はまだ、マーシャルと小型~中型コンボを併用して使っていたようです。

いつものようにマーシャルで行っても良かったのですが、なんとなくブティック系コンボアンプが使ってみたかったので、ディバイディッド13のコンボを使ってみました。

それに合わせて、リボンマイクにしてみました。

リボンは少しこもり気味になるみたいだったので、普段のジョー・ペリー的な音作りよりも低音を減らして、プレゼンスを多めにしました。

あとは、ギターのボリュームを曲に合わせて上げ下げしています。
ビックアップはずっとリアですね。

最後ちょっと大きなミスがあったけど、情熱的にソロが弾けたので満足です。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

10月25日 ミニ真空管ブースター。 [TuBoost]

ミニサイズのケースに入る超シンプルな真空管ブースターが何となく作りたくなった。

何となく作るならこんな感じかなという回路を書いた。

IMG_0778.JPG

自作エフェクターの老舗松実庵さんの Valve Caster を参考にした Banana Booster を参考にちょっとだけ変更点を加えただけ。

電源を 12.6V で使いたいので、VTD の時と同じ可変レギュレーターも使う。

IMG_0779.JPG

データシートそのままだけど回路はこんな感じ。

レイアウトも特に問題なくすぐに作れると思う。
問題は、ミニケースに収まるかどうか。

とりあえず部品を取り寄せて

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Effector Layout Archives [回路図・レイアウト]

ここはエフェクターのレイアウトの置場です。
今後も少しずつ増やして行きます。

2017.9.14 新規レイアウト Morshall Blues Breaker 的な King of Tone
2017.9.23 レイアウト修正 KRANKy Distortus Maximus的な(基板ポット対応)
2017.10.25 可変電圧レギュレーター 追加

--------------------------------------

※ レイアウトをダウンロードする前に、以下の【定型文】を必ずお読みください。

公開したPDFに間違いがあったり、製作中にいかなる事故や損失などがありましても、当方では責任は一切負いません。
あくまでも自己責任で作成してください。

また、レイアウトはあくまでも個人が作成したものです。
実際の機械とは使用しているパーツも違いますし、製造方法も異なります。
回路自体も異なる点などあるかもしれません。
ですので、オリジナルとは異なるものだという事をご理解ください。

また、PDFの転載や再配布、商用利用は一切禁止としています。
あくまでも個人で楽しんでいただくことを目的にしています。
このレイアウトを使って作ったものを他の人に売ったりすることもご遠慮ください。
ご理解の程おねがいします。

そういった行為が見つかり次第、配布は即座に終了となります。

さらにもうひとつ。電子回路というものに著作権はありません。
ですから、こうやって自分が作ったレイアウトを公開することに何の問題もありません。
(他人が作った回路図やレイアウトを勝手にアップするのは著作権違反です)

ただし、エフェクターやメーカー名には商標権があります。
ですから、オリジナルと同じ名前を書いて、売ったりすることはできません。
たまに、ヤフオクとかでそういうことをしている人がいますが、そういうのはエフェクター自作界の首を自分でしめることになるので、やらないでください。
「○○を参考に作りました」とかいう言い方ならばO.K.だと思います。
「○○と全く同じです」という言い方はアウトだと思います。

↓ それではどうぞ、お楽しみください。

++ 続きを読む ++



共通テーマ:音楽

10月8日 ハット色塗り。 [周辺アクセサリ考]


DSC_0926.JPG

落ち着いた良い感じになりました。

作り方は簡単です。
まず最初に100円均一のシルバースプレーを吹きます。

100円ショップのスプレーはムラが出たりダマになりやすかったりしますが、それはそれで味になると思うので気にせずバーッと吹いちゃいます。
後で汚しを入れるので、かえって良い感じになったりもします。

IMG_0761.JPG

↑ 乾いたら一旦つやアリのクリアーでコーティングします。

IMG_0763.JPG

↑ で、そのあとに汚しやら何やらあれこれやりました。
この後しばらく乾かしてから、最後に艶消しのクリアーをスプレーしました。

++ 続きを読む ++


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

9月23日 新クランク。 [KRANKY minimal]

そういえば、基板直付ミニチュアポットに対応した KRANK ディストーションの新しいレイアウトをまだアップしていませんでした。
いろいろ忙しくて忘れていました。

↓ ひとまずこちらのバナーをクリックしてください。

logo_kranky.gif

リンクした先のアーカイブページにある同じバナーをクリックすると、レイアウトのPDFにリンクします。
毎度回りくどくてすみまめん。

作り方の注意点などは過去の製作記事を参考にしてください。

ミニチュアポットを使う場合、ケースへの穴あけ精度が必要になります。
自分は、PDFを実寸サイズで印刷して、センターを合わせてケースにセロテープで貼り付け、直接センタポンチしました。

それでも不安なときは、少し大きめに穴をあけましょう。

これでミニチュアポットが使えることが判明しました。
ミニケースと合わせて、いろいろと妄想が捗ります。

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

9月16日 ブルブレレイアウトつくった。 [Blues Breaker 超]

前回の回路図を元に改造ブルースブレイカーこと、キングオブトーンのレイアウトを作りました。

KOBlogo2.gif

↑いつものように、上のロゴをクリックしたリンク先のアーカイブページから、同じロゴを探してクリックするとレイアウトのPDFにリンクします。
いつものように、分かりにくくてすみません。

で、レイアウトの方ですね。
ミニサイズのケースに入るサイズになっています。
クリップのダイオードを基盤に収めることもできましたが、サイズの制約が多いミニケースで、取り回しがしやすいように、別にしました。

全て基盤に収めたバージョンも作ろうかとも思いましたが、時間がないので今回は割愛。

それから、クリップを切り替えるには当然スイッチをミニケースに入れなければいけません。
中点OFFのスイッチは、超小型サイズのやつがないのでもしかしたら難しいかもしれません。

その場合、普通のDPDTスイッチで、ブーストモード無しにするか、
シングルスイッチで、オーバードライブかディストーション、どちらかのモードとブーストモードを切り替えるようにするかのどちらかを選ぶのが現実的です。

Youtubeにある実機のデモ音を聞いてみると、ディストーションモードがキンキンして使いにくそうだったので、これがいらないんじゃないかと思っとります。
どのモードを省くかは、作る人のお好みで。

もちろん、小型サイズのスイッチがミニケースに収まるようだったら、それが一番です。

この辺も、一度基盤を作っていろいろ実験してみないと、どうなるかは分かりません。

それから、キングオブトーンにあるプレゼンス・ブーストですが、このレイアウトを使ってそのまま追加できるようになっています。

PDFの2ページめに図があります。

注意点が一箇所。レイアウト右上の、0.1μのコンデンサの上のラインをカットして、代わりにブーストの50kのPOTの1番に繋ぎます。
2番の端子は、ボリュームの3番の端子と繋ぎます。
これでOK。

あとは、実際に作るだけですけれども・・・・・
だいたいの場合、レイアウトが出来た時点で満足しちゃうんですよね。
とくに歪み系はまだ作ってないレイアウトもたくさんあるので、果たしていつになることやら・・・


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

9月11日 フットスイッチハット。 [周辺アクセサリ考]

最近買ったものを小出しに連投しているKOVCHです。

本日紹介するのはこちら

IMG_0756.JPG

激安中華ペダルでおなじみ Mooer のフットスイッチ・ハット。

町田の島村楽器で1個108円で売っていたので、試しに2個買ってみました。

IMG_0757.JPG

自作エフェクターで主に使われる、青い標準サイズも、黒い小型タイプも、どちらもハメることができました。

++ 続きを読む ++


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

9月10日 せっかくなので [Youtbe動画]

歌もつけてみた


下手なりによく頑張ったと思う。
後半は Dio のねっとり感が表現できたと思う。

あとTAB譜もつけてみようと思う。
それはまた後日。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

9月9日 ギターハンガーその2。 [周辺アクセサリ考]

前回に引き続きギターハンガーの話です。
いよいよ本番の Hercules ギターハンガーを設置しました。

IMG_0744.JPG

IMG_0751.JPG

++ 続きを読む ++


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -