So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

3月11日 最近のシャーペン。

ちょっと前から流行りの、高機能シャープペンシルが欲しいなぁ、なんて思ってました。

で、最近になって図なんかを書いたりするのに 0.3mm のシャーペンを使ってみたいなと思うようになったので、近所の文房具店に行ってきました。

で、店頭にあったお試し用のシャーペンをいくつか試してみました。

巷で人気のクルトガは、自分のタイミングじゃなく芯の位置が変わるのがなんか気持ち悪いので却下。

自分は筆圧が強めで、いつも芯をポキポキ折りまくっているので、芯が折れないシャーペンの方が本命です。
さらに今回買おうと思っているのが細い芯のシャーペンなので、折れない機能は重要です。

事前に最も期待していたのはデルガードでした。
確かに、芯が折れないのは良いです。
が、何となく持ち具合が気に入らない。
多分慣れちゃえば全然良いんだけど。

もう一つあったのが、ぺんてるの Orenz。
(なんか絵文字の Orz みたいな名前だけど)
芯も折れないし、手に持った感触も良い。

ただ、そのお店にあったのが、ちょっと高級なバージョンで、グリップの部分がアルミになってるヤツだったんですね。
俺、これ苦手なんだよね。
さっきも言ったように、筆圧が強いので、アルミのグリップだとすぐ指が痛くなってくる。

惜しいなぁ、なんて思いながら帰りにイトーヨーカドーで買い物ついでに文房具売り場に行ってみたら、

IMG_0390.JPG

おレンズのラバーグリップバージョンが丁度安売りになってました。
定価600円のところ、半額以下で買うことが出来ました。

専用?の芯も同じように半額以下になっていたので合わせて購入。
0.3mm の2Bの芯ってあんまり売ってない気がするので、丁度良かったんじゃです。 

IMG_0393.JPG 

帰ってきて試しに早速適当に書いてみました。

一番最初に、一瞬軸の先っちょが紙に引っかかる感じがしたけれど、あとは普通に書けました。

芯が0.3mmなので、文字を書くと大分薄く感じますね。

一方、図はすごく描きやすいですね。
狙い通りシャープな図が書けそうです。

IMG_0394.JPG 

ちなみに、これまで重用していたシャーペンが下の2つ。

下のヤツが、これまで一番良く使ったシャーペンです。
使いすぎてメーカー名も消えて分からなくなってしまいました。
ただ、芯はポッキポキ折れます。
それはどのシャーペンも同じなので、そういうものだと諦めてました。

さすがにラバーグリップが劣化してきて、買い換えたいと思っていたのですが、何しろモデル名もメーカー名も分からなくて困ってました。

真ん中のは製図用の定番の一つ、ぺんてるのグラフ1000 for pro。
製図用のによくあるアルミのグリップが苦手なので、多少なりともラバーが付いている方が助かります。
これもラバーが劣化してきたのと、やっぱり芯がポキポキ折れるのがストレスでした。

IMG_0395.JPG 

文字を書き比べてみました。

一番上が、正体不明のシャーペン。芯はHB。
まぁ普通。

真ん中が、グラフ1000。芯はB。
Bなので濃く書ける。当たり前だけど。
書き味は良いが、長く書いていると疲れる。

一番下がオレンズ。芯はHB。
これが一番綺麗に書ける気がする。
線が細いので薄く見えるが、替え芯で買った2Bに替えたら改善すると思う。
グリップがラバーで指が痛くならないのと、グラフ1000よりも軽いので長い時間書いても疲れにくそうで良いです。

予想以上に良い感じの書き味でした。
まだちょっと書いただけなのに、かなり気に入りました。

ヨーカドーで安売りしているうちに、予備用にもう一本買っておきたいくらいです。

ペンの良し悪しなんてのは、個人の好みによりますが、自分的にはかなり良いです。おすすめですコレ。

需要無いとは思いますが、一応アマゾンのアフィリも置いときます。

 

見た目はオレンズの方が断然好きです。
軸の持ちやすさも圧倒的にオレンズの方が好みです。

グラフ1000 も捨てがたかったんですけどね。
0.3mm の芯で折れない機構が無いのは厳しいかなと思って。 

<

nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。