So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

5月29日 KRANKの基板。 [KRANKY minimal]

勢いに乗って KRANK ディストーションの基板を作りました。

IMG_0562.JPG

パーツ数が少ないので、特に問題もなくあっさりとできました。

電解コンは結局立てることにしました。
合わせてみたところ、何とか行けそうだったので。
あと、47μの電解コンが思いのほか大きくて、寝かせるスペースが無くなってしまったからです。

あとは、レイアウトの右上の方を、以前公開したものから少し変えました。
ほんの少しだけ配線がしやすくなったのと、ほんの少しだけコンデンサの距離をあけました。

IMG_0564.JPG

ウラはこんな感じ。
新しいラジオペンチの使い勝手が良いです。
ニッパーも新しいものが欲しくなってしまいました。

ここまでは簡単。
ここから徐々にキツくなっていく。

IMG_0565.JPG

3つの外だしトリマの基板はこんな感じ。
3つをきっちりと並べるのが結構大変でした。
トリマの下にジャンパー線を伸ばすのも結構大変でした。

IMG_0566.JPG

ウラはこんな感じ。
こっちの見た目はシンプル。

IMG_0567.JPG

POTはこんな感じで、3×2のユニバーサル基板を介して配線が伸びてます。

だいたい出来上がったので、次はケースの塗装と、最大の難関である組み込みですね。


nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。