So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

4月8日 シャーラーロックピン。 [周辺アクセサリ考]

新しいS用に、Schallerのストラップピンを買いました。
ギターのハードウェアに合わせて、Rutheniumというカラーを選びました。
標準的なカラーに比べると若干高価ですが仕方ありません。

IMG_0871.jpg

写真だとシルバーに見えますが、実物はもう少しだけ黒っぽいです。

シャーラーのロックピンは最近新しいモデルが出ましたが、なんとなくデザインが気に入らないので、これからも旧モデルを使って行くと思います。
なんかごちゃごちゃしてて嫌なんですよね。新しいの。
こういうのはシンプルな方が良いです。

あと、軸というか、ネジの部分が長くなっているのがすごく嫌です。
ちなみに、新モデルでもピンは旧式と共通なのでそのまま使えるみたいです。

【追記】

互換性はあるけれど、新型の方がが少なくなっているらしいです。

IMG_0872.jpg

Parkson'sの廉価ロックピンと比べてみました。
左シャーラー右パクソン

色はほんの少しだけシャーラーの方が高級感がある。
ほとんど変わりませんね。

パークソンズの方がネジの部分が長いですね。
シャーラーの新モデルもそうですが、シャフトが長いとスタンドによっては下が当たってうまく立てられないものもあるので、避けたいところです。

あとはパークリンズの方がワッシャーが分厚くて大きいです。
全体的にパークリンズの方がなんとなくダサく感じます。

でもってギターへの取り付けです。
アイバニーズとシャーラーはネジの径が違うので、一度穴を木パテで埋めます。

いつものように、楊枝をさして穴を開けておきます。
完全に埋めてしまうよりもこの方が乾燥が早いと思うので。

楊枝だとシャーラーのネジよりも若干細いように見えますが、乾燥に伴って多少肉痩せもするので、ちょうど良いかもしれません。

ちょっとねじ込んでみて、あまりにきつい場合は無理せずに穴のサイズを調整しましょう。

あと、シャーラーに付属のフェルトワッシャは少し小さかったので、アイバニーズにもともとついていたものを使いました。

IMG_0874.JPG

取り付け後はこんな感じ。

今のところはしっかりととまっています。
しばらく様子を見ながら使って行こうと思います。

使い勝手はこれまでと変わらず。
やっぱりロック式はシャーラーが一番好みです。

ピンだけだったら廉価互換品でも良いのですが、ストラップ側も使うとなると、やっぱりシャーラーのを選びたくなります。

IMG_0875.JPG

ルテニウムの方は、アイバニーズのパット付きストラップにつけました。

IMG_0876.JPG

このストラップ、最初はどうかと思っていたのですが、今はかなり気に入っています。
隣の改造IbanezストラップよりもPowerpadストラップを使う方が多いです。

すごく軽いのが何よりも良いですね。
値段も安いので、雑に扱っても全然気になりません。

パットも十分に効いています。
レスポールに使ってるStephのほど快適ではありませんが、そこそこに良い感じです。

長さもちょうど良いですね。
ちょっと短めなのが自分のスタイルに合っています。

これが数百円代で買えちゃうんだから、物凄くお買い得だと思います。

短い方はまだ黒と赤しか無いので、もっとたくさんカラーが出ると良いのになと思います。
カーキとかね。
迷彩とかヒョウ柄とか、模様をプリントしたやつがあっても良いと思うんですけどね。

ということで、アフィリエイトも置いておきましょう。

シャーラーとパークリソンズとアイバニーズのストラップです。

  

左が旧型右が新型さらに右がパクソン



さらにちなみに、Ibanezのパワーストラップはサウンドハウスでいまなら580円で買えます。

サウンドハウス


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 2

NAO

シャーラーのロックピン最近俺も愛用しています^^
今は新しいのがでてスリムになったみたいですねw
by NAO (2018-04-28 10:13) 

KOVCH

NAOさん、こんばんは。
新型のはネジや引っ張る部分がさらに長くなっているみたいなのでちょっと使いにくそうです。
旧タイプの方がシンプルで好きですね^^
by KOVCH (2018-04-29 01:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。