So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

5月30日 空白の8年間。

8年前に書いた記事をそのままコピペする日が来るとは・・・

以下8年前

----

ツイッタ~では書ききれないので、こちらに書きます。

エフェクターとは関係ないので、今回も3日で消します。
(これから書くことは素人が無責任に考えた妄想です。あまり気にしないように。
たかだかサッカーをはじめてから25年かそこらの人間が書き散らかしたことです。
寛大な目でご覧頂きますよう、お願いします。)

純粋に結果だけを求めるのであれば、“ガチガチに守ってセットプレーから得点”という方法が
現時点では一番現実的なのだろうと思います。
そして、W杯という大会では、その結果が最も重要なのです。

そういう意味では、前回のイングランド戦や今回のフォーメーションは間違っていないと思います。
結局点はとられてしまいましたが。
(敵/味方ゴール前トゥーリオの決定力、ハンパないな。OGは仕方ないことだとしても)

ただねぇ、素人の意見ですが、両サイドのMFの起用がどうも、????
今の位置で使うには、ホンダは致命的に足が遅い。。
ハーフライン付近でボールをもらって、一人抜いても、次の相手の前で追いつかれて結局囲まれてしまう。裏に抜ける動きもないし。
ディフェンス面で懸命にチェイスしても、簡単に振り切られてしまう。
パスセンスに創造性があるわけでもないし(ショートレンジは別)。

ホンダを生かすのであれば、もっとゴール前に近い場所に置いて、ボールを受けてから2~3タッチで決定的な仕事ができるようにするべきでは?
今日一本良いシュートがあったけれど、せめてあのくらいの位置でボールが受けれると彼の良さが生きるんだと思う。
普段はペナルティエリア付近でフラフラさせておいて、ゲームは残りの10人で作る。
ホンダにボールが入ったら、周りはドリブルさせるスペースを作りつつ、パスを受ける場所を探す。
そんな感じでしょうか。

それってつまり、本人がずっと前から言ってきたことですね。
本人は「そうしたい」んじゃなくて「それしかできない」って、誰よりも分かっていたんですね。
ただ、それをやるには、監督にホンダと一緒に心中するくらいの覚悟がないとできません。
リーグ戦であればそれも可能ですが、代表のチームではなかなかできることではありません。
残念ながら、まだ、そこまでの選手にはなっていないし。

逆に言えば、それができないのであれば、あの場所をホンダに拘る必要は無いのでは?

----

以上8年前W杯直前のことでした。

この後W杯本番で岡田監督はまさにホンダとの心中覚悟で1トップに配置してベスト16に進出した。
予想以上のことをしてきた。やはりすごい監督だ。マリノスも優勝させたし。

今回も、3バックというのは良い選択なんじゃないかと思う。
ただ人選とポジショニングがどうも・・・

あくまでも俺が超個人的に良いんじゃないかと思うのはこんな感じ。

     本田

   乾    原口

山中 長谷部 柴崎 長友

  昌子 吉田 ??

     仲村

控え

永井
仲村俊介/けんごう/遠藤(や)のどれか
井手口

ホンダを生かすなら1トップというか0トップしかない。
ボールを持ってからの”もたつき”も最前線だったら”ため”になる。
キープもできるし、決定力も他のFWよりある。

香川は今魔のままでは難しい。

左サイドの山中はマリノス枠・・・というわけでもないけど、今絶好調だし、もともと守備力に不安があったけれども、5バックのWBならそれも問題にはならない。
今日のシステムにはうってつけの人材だと思う。
長友と左右を入れ替えても良い。その場合両社とも利き足が内側になるので、センタリングよりもシュートや突破が多くなる。試合中に替えるのもありだ。

3バックの3人目は、うーん、、、思いつかない。
あと一人、誰か・・・個人的には中澤がベストだが。。。

キーパーは、川島は昔からロングシュートが弱かったけれども、最近は酷い。
多分、目が悪いというか、ピントを合わせる機能が弱いんじゃないだろうか?

遠目から強いシュートを打たれると、手元に来たときにピントが間に合わない。
それでキャッチしそこなってし損なって失点してしまう。
今日もそんな失点だった。

たしか普段はメガネかけてるんだよね。
年齢とともに目の機能もさらに衰えてきているように思える。

東口は骨折直後だし、のこるは中村しかいない。

控えにはまず、今FC東京で絶好調の永井。

もともと西野監督は前線にスーパーな選手(パトリック)がいて、そいつに適切なパスが出せる選手(遠藤や)がいないとどうにもならなかった。

いわゆる縦ポン放り込みサッカー。
で、永井はそんなサッカーにピッタリな選手。
加えて永井は、ロンドンオリンピックのように、なんでか大舞台に強い選手。
相手が疲れてきた後半にバンバン走る選手が出てきたら嫌だと思うよ。
後半までに相手を疲れさせるサッカーができればだけど。

でもって、超ベテランの3人はまぁ、フリーキック要員。
一昔前の代表には、フリーキックやコーナーキックの時に「何かが起こりそうだ」というワクワク感があった。
いまは、強力なキッカーがいないので全く可能性を感じない。
格下のチームが点を取る確率が一番高いのはフリーキックだ。
まともなキックを蹴れる選手が絶対に必要。別にこの3人でなくても良いのだが他に名前が思い浮かばなかった。

あと、前線からボランチまでそつなくこなせてフリーキックもある井手口。

と、こんな感じで妄想しております。

それでもって後は、8年前にも、4年前にも書いたけど、ここまで来たら我々にできることは全力で応援することのみ。

必死で応援して、選手たちに力を!


nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。