So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

1月2日 新年あけましておめでとうございます。

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

IMG_0031.jpg

昨年はブログ活動がいまひとつ元気がなかったので、
ことしはもう少し活発にやって行きたいですね。

コメントしたり、いろいろと交流したり、
やっていきたいですね。


nice!(9)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

1月3日 ポリッシュ。 [周辺アクセサリ考]

新年はギターを磨きまくることから始まりました。

調子に乗ってポリッシュをポンポンやってたら、

IMG_0021.jpg
↑ ポンプがぶっ壊れました。
なんか、霧吹きの出るところのパーツが吹っ飛んで、ピューっとしかポリッシュがでなくなってしまいました。

IMG_0022.jpg
↑ 仕方がないので、家にあったてきとうなポンプに詰め替え。
あ、ちゃんと洗いましたよ。
もともとメガネ掃除用の蒸留水入れてたポンプだし。

くれぐれも、油分を使ったポンプなんかに入れ替えないように。

ポリッシュってこんな色してたのね。
ポンプに詰め替えてもまだ残っていたので、古いポンプも捨てるに捨てれず。

でもって、新しいポンプにしたら霧がすごく細かい。
コッチの方がより綺麗になりそう(実際は変わらない)。

ま、そんだけのこってす。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1月4日 中華ブルートゥースイヤホンを買った。

アイホンを買ったので、ジョギング用に防滴の付いた bluetooth イヤホンを買いました。

ま、とりあえず何でも良かったので、ゾンアマで一番人気の中華イヤホンにしました。
ブルートゥースなんでね。音質も拘ったところでね。お察しレベルなんでね。

音の良いブルートゥースイヤホンとなると、再生機器がもう一台買えちゃうくらいの値段になっちゃうんだよね、結局。

まぁ、どうせジョギング中にしか使わないもんだし。
良い音で聞きたかったら、有線で聞けば良いし。
そもそも音質にこだわってたら iPhone は選ばないで、sony の xperia にしてるし。
アップルにした時点で音質は・・・・

前置きが長くなっちゃったけど

IMG_0034.jpg

買ったのがコレ。
なんか黒だけちょっと安くなってました。
もともと黒しか買うつもりが無かったのでちょうどよかった。

で、アイホンとペアリングしてみましたが、問題なく完了。

IMG_0026.jpg
耳に装着した感じ。
まだ走ってないけど、ちょっと動いたりしてみた分には全然はずれそうにない。
アイホンの歩数計で合計3万歩くらい歩いたけどまぁまぁ快適。

音も、思ってたよりも良い感じでした。

なんやらAPTXってヤツに対応してるからなのか?
ま、1000円~2000円くらいのイヤホンくらいの音は出てると思います。
お値段相応です。

ただ、左右のバランスが微妙に合ってないような気もする。
けど、俺の耳は左右で形と大きさが違うので、フィット感も全然違う。
なので、そのせいもあるのかもしれません。
厳密にバランスがどうなっているのかは分かりません。
気にしない人は気にならないし、気にする人はきになる。
ぐらいのレベルです。
俺は気にする人の側ですが、まぁ、ジョギング/ウォーキングの時にしか使わないのであんまし関係ないです。

あとはまぁ、これも俺個人の問題だけど、おじさんになって耳の油分が増えたのか、朝一とかに装着するとストッパーがヌルンと外れっちゃったりする。みみをかるく拭いたりしてからなら問題ない感じ。
あああ年取ったんだなぁ・・・・・と嫌なことを再認識させられるのが。。。

あとは耐久性ですね。
ゾンアマのレビューではぶっ壊れ報告が多数出てるので、これもまぁ期待はできませんね。
ただまぁ、18か月補償がついているので、1年半は少なくとも使えることにはなりますね。
あくまでも中華メーカーが信じられるならば。
中華パッドは速攻でメーカーが音信不通になったから・・・・

中華モンだとウィルス的なものが怖いんですけどね。
前に買った中華タブレットは徹底的にウィルス対策したけど、これはちょっと対策のしようがないよね。
こんな小さいのにウィルス仕込むなんてできないとは思うけど、あいつらアイロンとかにも仕込んでくるからな。
ほんとそんなことできる技術があるなら、もっとまともなことに使えば良いのに。
そういうところが浅はかというか、何と言うか、中華モンの中華モンたるゆえんだわな。

まぁでもそれ言い始めたらね。
デジタル系の家電なんか買えるもんが無くなっちゃうよね。
たとえ日本メーカーだとしても製造が中華だったらいくらでも仕込んでくる可能性はあるし。
自分で身を守れる範囲であれば、リスクを承知で安物を使うのもね、まぁね、あんまりひとにすすめられるもんじゃあないけどね。

アフィリも乗せとくけど、くれぐれも、中華モンには少なからぬリスクがあるということを承知してください。


 

値段は結構頻繁に上下しますけど、2300円前後が平均的な価格だと思います。

ま、2000円出すだけの価値は十分にあると思います。
3000円出す価値があるかというと・・・・・微妙なところです。


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1月5日 for my iPhone the bell tolls.

お正月は連日アイフォンを弄ってました。
今回は着信音を作ったお話し。

多分、オイラが最初に携帯を買った時から着信音はずっとコレにしてたので、コレじゃないと携帯が鳴ってるとなかなか認識できない。
ということで、新しく着信音を作るために録音しました。

「ベル」つながりってことで Metallica の for whom the bell tolls のイントロ部分を短くしたヤツを演奏して着信音にしてます。

で、出来上がったmp3をいったんitunesに取り込みます。

そうしたら、itunesの設定でCDの取り込みをAACエンコーディングってヤツにします。

で、取り込んだmp3ファイルを右クリックすると「aacでコピー」みたいな選択肢が出てくるので、コピーします。

isound1.jpg

コピーしたAACのファイルは「ミュージック」→「itunes」→「music」→「不明なアルバム」あたりにできています。
作業しやすいようにデスクトップに持ってきても良いでしょう。

(この時点で忘れないうちにitnesの取り込み設定を元に戻しておいた方が良いでしょう。
あと、最初に取り込んだmp3をミュージックライブラリから削除してもオッケーです。)

話を戻して、出来上がったaacファイルの拡張子「m4a」をF2を押して「m4r」に名前変更します。
「拡張子変えてほんとにいいの?」みたいなメッセージが出ますがかまわずGOです。

isound2.jpg

拡張子変更したm4rファイルを、itunesの着信音ライブラリにぶち込みます。
着信音は、左上の「…」みたいなヤツから選ぶことができます。

ここまで出来たら、アイフォンをパソコンに繋いで、着信音ライブラリからm4rファイルをアイホンマークのところにぶち込みます。

DSC_2575.JPG

で、アイホンの方で着信音を設定して完了!!

着信音に使うファイルは、30秒以内、1M以下にしないといけないようです。
今回は、25秒、864kぐらいだったので問題なく設定できました。

結果はビデオにある通りです。
初期設定だと20秒くらいで音が切れちゃうんですね。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

良いこの速弾き講座 パンテラ編 その2 [よいこの速弾き講座]

ちょっと間が空いちゃいましたが、【よいこの速弾き講座】パンテラ編その2です。

今回もダレルの代表的なソロですね。
Valgar display of power 収録の『Walk』です。

ソロ部分だけですけどタブ譜作りました。
だいたいこんな感じだと思います。
参考資料で出した本人演奏のビデオを見ると、ところどころ違うところもあるけど、その辺は各自適当に修正してください。

drlwtab.gif

いいですねぇ~。
複雑ですねぇ~。
テンションあがりますね。

じゃ、まぁ、弾いてみましょう。

なんて軽く言ってますが、かなり練習しました・・・

レガートがメインなんですけどね、やっぱり速いよ。
そうとう速いよ。

今回もコツはね、スケールポジションを覚えちゃって、ある程度指癖感覚で弾くこと。
ちょっとくらい違ってても気にしない。勢い重視で。

で、メインの超速いフレーズで使っているのは前回と同じ↓コレ。

drl2.gif

で、いつも同じじゃ芸が無い、ってことで、時折↓こんな風に黄色の丸印を追加したりしています。

drlw2.gif

黄色を使う時は、上のポジションの青い丸の音はあんまり使わないようにしています。
ゴチャゴチャし過ぎちゃうからですね。

こっちの形も使用頻度は高いです。
こっちの方がより響きが変になるので、あんまり長時間これでゴリ押しすることは無いです。
ここぞというときとか、ちょっと毛色を変えたいってときに使う感じでしょうか。

これまた本人演奏動画を見てもらえれば分かるとおもうけど、
ダレルのソロは基本的にレガートを多用します。
けど、スコアとか見ると、フルピッキングになっていたりもします。

これは、ダレルのハンマリング/プリングが強力なので、ピッキングした時と同じくらいの音量・アタック感が出せているからなんですね。
採譜している人が全部ピッキングしていると勘違いしてしまうんです。

もちろん、強力に歪ましてコンプ感が強まっているのも有りますが。
とにかく、フィンガリングのパワーを強めることがダレルっぽく弾くヒントですね。

なんかもっといっぱい書こうと思っていたことがあったんですが、
しばらく放っといたうちに忘れてしまいました。

まぁ、結局は口で何を言おうが、練習あるのみってことで。
パンテラ編はあともう一回続きます。(例によっていつになるかは分かりませんが)

++ 続きを読む(ここから先は個人用) ++


nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

1月26日 バーニーのチャイポール。 [ギターの話]

またギター買っちゃいました。

なんかね、ちょっと前に体調崩して2~3日寝込んでたんだけどね。
最近アイフォン買ったでしょ?

寝てる時に手持無沙汰になると、ちょいちょいネットとか見ちゃうんだよね。
そうするとさぁ、いろいろと、見ちゃいけないようなところまで見ちゃうんだよね。
中古ギターとかさ・・・

ちょっと、ストレスとか溜まってたし、体調悪くてイライラしてたし、
スカッとしたかったのよね。

そんな時にさ、ちょうど良い感じで前から欲しかったイメージのギターが出てくんのよね。

DSC_2589.JPG

ビグスビー!!

DSC_2590.JPG

と言っても、バーニーのチャイポールなんだけどね。
Burny BLC-65 ってモデルです。

++ 続きを読む(写真24枚) ++


nice!(20)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

1月27日 シャーラーのロックピンにした。 [周辺アクセサリ考]

Burny BLC-65 ビグスビーチャイポールの話です。

DSC_2620.JPG

とりあえず、ストラップピンをシャーラーのロックピンに取りかえました。
いつものストラップが使えるようにしたかったので。

もともとついてたものとシャーラーのでは、ネジの規格がインチとミリで違っていました。
けれども、ネジ径と皿の角度が同じだったので、ネジを交換するだけでそのまま使えました。

一度穴を埋め直す手間が省けたので良かったです。

普通のセミアコと違って、ボディー上部は掘ってないので、いつもと同じ場所にピンが付けられます。
これはなんちゃってセミアコで良かった点ですね。

同じレスポールシェイプでも、ネックの根元にピンがあるとストラップの長さを変えなきゃいけないので不便だす。
ストラップが使いまわせるのは助かります。

DSC_2621.JPG

そしてボディーエンド側も交換。

Bigsby B70C と B7 の一番の違いがココ。
B7 は、4つの取り付けビスで固定してます。

エンドピンのところは大きな穴が開いていて、そこに通して別に固定するようになっている。

一方 B70C は、2つのビスとエンドピンを使って固定している。
B7 だとエンドピンを通す穴が小さいので、シャーラーとかダンロップのピンはそのままじゃ使えなかったりするんだけど、これならどんな形のピンでも使えます。

俺的には、こっちの方が使いやすいです。

ただ、ビブラメートなどの、ボディーを加工せずに取り付けるアタッチメントは、B70C では使えないものもあるみたいです。
後付けでビグスビーを付けようと思っている人は、注意が必要ですね。

DSC_2624.JPG

最後に、ストラップを装着してジャー自撮り。
寝込んでいたので一時的にですがお腹まわりが引っ込んでいて嬉しいです。

すごい存在感。
ビグスビーイイね。

バーが重くてギターが前のめりに傾いちゃうのはご愛嬌。


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1月28日 構造的欠陥? [周辺アクセサリ考]

ビグスビーをつけると、弦のテンションが弱まるって聞いてたんだけど、1、2弦がやたらとキツいんだよなぁ。

なんて思ってて、

ビグスビーのバーを使うと、チューニングが狂うとは聞いてたけど、1、2弦がやたらと狂うんだよなぁ。

なんて感じてました。

で、良く見てみるとね、ブリッジの端に弦が当たってるわけ。

DSC_2627.JPG

これが原因かと、ブリッジを下げたんですけどね、目いっぱい下げても、まだ1弦は当たっちゃってる。

これは、いちおう弾けてはいるので、構造的な欠陥とまでは行かないのかもしれないけど、結構なミスでないの?

ビグスビーは色々と緩いって言うけど、これはねぇ、どうなんだろうねぇ。

ギブソンのレスポールなんかを見ると、ビグスビーをほんのちょっとだけ斜めにつけて、高音弦がブリッジに当たらないようにしてるのもあるよね。
最初、何で微妙に斜めについてるのか疑問だったけど、合点がいきました。

DSC_2629.JPG

これ、1、2弦だけテンションバーを通さないで弦張ってもいいのかな?
そんなことしてる人ネットで探してもまだ見たことないんだけど、やっぱり駄目なのかな?

となると、ブリッジ削るか、いっそのことローラーブリッジに交換するか?

と、肉眼では気が付かなかったんだけど、アップで撮った写真を見てみると(クリックで拡大)

DSC_2631.JPG

テンションバーの1弦の部分、上側に傷が付いてるんだよね。
前のオーナーさんも、1弦だけバーの上から張っていたのかもしれません。

次に弦交換する時は、これを試してみようと思います。

++ 【追記】 続きを読む ++


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1月31日 ピックアップにカバーをつける。 [ピックアップの話]

余っていた gibson ピックアップをバーニーに付けるためにカバーを戻しました。

もともとカバードタイプのピックアップだったんだけど、個人的にオープン・ピックアップの音の方が好みだったので、買ってすぐにカバーを外していました。
今回、バーニーのセミアコレスポールに付けるにあたって、なんとなくカバー付けた方が良いかなと思って、戻すことにしました。

カバーに戻すと言っても、ただピックアップにカバーをかぶせれば良いというわけではありません。

まず、カバーとピックアップの間にロウびきして、隙間を無くさなければいけません。
この隙間があると、ハウリングの原因になったりするそうです。
あと、演奏中ピックがカバーに当たった時に雑音が入ったり。

ということで、素人工作ながら、まずはカバーに蝋引きしてみました。

この時、伝統的な製法で作られた高級蝋燭を使う人はあまりいないと思いますが、材質的にあんまりそういうのは向いてないみたいです。

DSC_2634.JPG
↑ 100円ショップで売ってるような、“パラフィン”を主成分にした安~いキャンドルがお手軽で良い感じみたいです。

100円で10個も入ってるんですけどね、1つの半分も使ってません。
あまった分はどうしようか・・・夏になったら花火のときにでも使おうか。

あ、ちなみにですが、アロマで使う匂いや色が付いているのは使わない方が良いと思います。
まぁ、色や香りが付いてても、音には影響無さそうですが。

そのうち「ピックアップカバーの蝋引きにはバニラの臭いが良い」とか
「ラベンダーの香りが高音を艶やかにする」とか本気で言い出す人が出て来そうですね。

そうなるともう本当にオカルトですが、弾き手のテンションが上がるならそれはそれでアリだとは思います。

++ 続きを読む(熱々のロウをむき出しの背面にたらす) ++


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽