So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

7月10日 スポンジスペーサー。 [周辺アクセサリ考]

今ちょっとピックアップの切り替えがもっとスムーズにできるように練習中です。

ただちょっとうまく行かないところがでてきました。
黒い方の S のボリュームポットが、前オーナーが取り換えたプッシュ/プルのスイッチ付きポットになっているんですね。

このスイッチ付きポットのトルクがすごくゆるくて、ちょっと触れただけでも動いちゃうんです。
で、ピックアップの切り替えをするときに指先が触れちゃったりすると、それだけで音が下がる。
4~5回ピックアップ切り替えたら、音量が半分くらいになっちゃったりして。
すごく困ってました。

でまぁ、ポットを普通のヤツに戻すのが一番てっとり早いのでしょうが、将来的に何かスイッチが必要な改造をするかもしれないので、できれば残しておきたいところです。

ノブに触れないように練習すれば良いのかもしれませんが、他のギターではできることがこのギターだけできないとなると何か気に入らないし、ほんとにちょっと触れただけでボリュームが下がってしまうので相当シビアに避けないといけないので、練習で何とかするのは一番てっとり遅いでしょう。

ということで、何かポットをロックするグッズがあったなぁ・・・
なんて思いながらゾンアマをのぞいてみると

 

こんな感じの、Loknob というヤツがあった。
なかなか良さそうだが、ロックを外す時に引っ張らないといけないらしい。
そうするとプル式のスイッチが入ってしまうので、構造的に今回は難しい。

あと、いがいと値段が高い。
それから、デザインがあんまし好みでないのが致命的。

他にもなんかないかな?
と思って関連商品を見てみると


同じメーカーで、こんなのがありました。
ボディーとノブの間に挟んで摩擦を増やし、ツマミの動きを固くするらしいです。

速い話が、スポンジで作ったスペーサーみたいなものですね。

「これなら自分でも作れるんじゃないか?」と、思い立ったらさっそく作ってみました。

IMG_0696.JPG

写真だとちょっとわかりにくいですが、ツマミの下のスペースに、丸く切って真ん中に穴をあけたスポンジ・スペーサーを詰め込んでます。
(写真は”プル”の状態)

このやり方だと、ボディーではなくナットに触れて摩擦抵抗を増やすので
「スポンジとはいえ何度もボディーにこすり付けたら傷をつけてしまうのではないか?」
という心配も減ります。

IMG_0693.JPG

スポンジは、ちょっと厚めで、なおかつ固めの方がよいかもしれません。

右側のが最初に作った失敗作。
薄くてフワフワ柔らかくて、あまり摩擦抵抗が増えませんでした。

それをふまえて左の厚めでちょっと固めのスポンジで作り直したところ、若干ですがノブの動きが重くなりました。

演奏中にピックを持つ手がちょっと触れたぐらいでは動かなくなりました。
ピックアップを切り替えても、大抵は平気になりました。

でも、ボリュームを動かそうと思えば、そのまま普通に回せます。

まだ実験中ですが、案外良いかもしれません。

白い S の方にも試してみたくなってきました。


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

2月27日 MORLEY TM Stevens Bass Wah を買った。

毎度毎度毎度言っていますが、ブログのアフィリエイトで稼いだ分はブログに還元しています。
先日、久しぶりにアマゾンのアフィリエイト報酬がたまったので(といっても500円分)また激安の中華ペダルでも買おうかななんてツラツラと眺めていました。

ふと思い立って、少し前に本気で買おうと思っていたMORLEYのTMStevensシグネチャー・ベースワウっていまはどれくらいの値段になってるのかな?
と、調べて見ました。

すると何と、どうやらすでに生産終了となって入手は困難らしい。
じゃあ、アマゾンではもう売ってないな、なんて思いながら見てみたら、まだ売ってました。

アマゾンは、終了品が最後の一個になると激安になったりすることがあります。
で、たまたま見てみたら、最後の一個で、激安になっていました。

IMG_0697.JPG

迷わず速攻で購入しました。

定価は3万円くらいかな?
生産終了前でも2万円弱くらいで売っていました。
それが今回、500円のアフィリーを合わせたら1万円以下で買うことが出来ました。
普通にモーリーのワウを新品で買うにしてもかなり安くなっていると思います。
なんなら中古で買うよりも安いです。

このワウはねー、いつか欲しいと思っていたので、嬉しいですねー。

TMスティーブンスの名前は付いているけれども、基本的にはモーリーの Dual Bass Wah と同じみたいです。

IMG_0707.JPG

ひとつだけ違うのが、この右下についている Input Level のツマミ。
TMスティーブンスはパッシブとアクティブを頻繁に使い分けるらしく、どっちを使ってもこのツマミだけで音量差を調整できるみたいです。
ワウがオフの時もこのツマミは生きてます。
まぁ、オイラはベース一本しか持っていないのでこのツマミは必要無いんですけどね。

あとは、ワウの踏みしろの可変範囲がちょと狭いですね。
これはノーマルな方と比べた訳では無いので分かりませんが、どうなんでしょうか?
ちょっと変えてあるのかな?
調べてみたいところですね。

IMG_0708.JPG

左側のツマミは、ワウを踏んだ時の音量調節。
フットスイッチをオンにすると、スラップ用のアタックを強調するワウになります。

あとは他のモーリーと同じように、光学式のワウでスイッチレス。
ワウを踏めば自動でONになりますレス。

IMG_0709.JPG

とにかくこのド派手なカラーリングが良いですね。変態的です。
やはりベーシストは変態であるべきです。

とりあえず「買ったよー!」という報告でした。

音や使い勝手もそのうちレビューしたいところですが、なかなか時間がなくて。
さらにまぁ、ベースワウってどうやって使えばいいか、いまひとつ分かっていないので、研究と練習が必要です。

せっかくなのでアフィリも


モーリーのベースワウですね。
今回のTMワウも基本的にはこれと同じです。


少し前に出たクリフ・バートンのシグネチャー・ワウですね。
これはビッグマフの回路が内蔵されてます。
これもかなり気になっていて、これかTMスティーブンスのかどちらかをいつか買おうと思っていました。


生産が終了するとこういうハイエナみたいなやつがかならず涌いてきます。
こうなる前に手に入れることができて良かったです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

7月28日 TM Stevensさん。

前回TM Stevens のワウを紹介しました。

IMG_0709.JPG

ただ、TMさん自身の知名度はあんまりないかもしれません。
けれども、俺の中ではかなり好きなベーシストですよね。
この人は世界中にそういうマニアなファンが多いんですね。

せっかくの機会なので今回はちょっとTMさんのことを紹介しておきましょう。

++ 続きを読む(ビデオ・アフィリエイト多め)++


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽