So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

11月13日 ジョー”ファッキン”ペリー。 [Youtbe動画]

週末に予定していたことができなくなってしまい、時間が空いてしまった。
ということで久々にビデオを撮りました。

ジョー・ファッキン・ペリーです。


かなり昔に一度コピーしたことがあったのですが、もう大分忘れてしまっていたので少しおさらいしてから録画に挑みました。

もともとこの曲のソロが大好きでね。
ジョー・ペリーが弾く中でも、断トツで一位です。

このソロの解説もまた近いうちにアップしたいですね。

音の方はビデオのラストにも出てきますが、
ギターからコンプ→Distortion++(ブースターモード)→Line6 POD HD300 とつないでいます。

POD HD300 の設定はこんな感じ。

amzg300.jpg

アイコンはいろいろと出ていますが、ONになっているのはノイズリダクションとアンプ、最終のリヴァーブのみです。

アンプはちょっと迷いました。
この次のアルバムくらいからは、小型コンボが多くなりますが、ゲットアグリップの頃はまだ、マーシャルと小型~中型コンボを併用して使っていたようです。

いつものようにマーシャルで行っても良かったのですが、なんとなくブティック系コンボアンプが使ってみたかったので、ディバイディッド13のコンボを使ってみました。

それに合わせて、リボンマイクにしてみました。

リボンは少しこもり気味になるみたいだったので、普段のジョー・ペリー的な音作りよりも低音を減らして、プレゼンスを多めにしました。

あとは、ギターのボリュームを曲に合わせて上げ下げしています。
ビックアップはずっとリアですね。

最後ちょっと大きなミスがあったけど、情熱的にソロが弾けたので満足です。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

11月15日 ジョー・ソロー。 [ペンタトニック・スクール]

前回エアロのアメイジングをアップしました。
サッと撮って出せるように昔いちどコピーしたことがあった曲を弾きました。

とは言ったものの、ほとんど忘れてしまっていたので、ソロを中心におさらいしました。
昔はタブ譜を丸暗記するだけでしたが、今はソロなんかはスケールを書き出しています。
その方が断然覚えやすいので。

せっかくなので分析の成果?を記事にしましょう。

ここでもう一度ソロのビデオを。


ソロはだいたい2分57秒くらいから始まります。
ブラウザが対応していれば、上のビデオをクリックすればそこから再生します。

この曲のソロは大きく3つのポジションに分けられます。

C1.gif

C2.gif

C3.gif

このうち3つめのハイポジションはCメジャー・ペンタトニックの3番目のポジション。
基本的なペンタの形ですね。

アメイジングは最初はAmから始まるのですが、ソロの部分で裏返ってCメジャーにキーが変わります。
(AmとCメジャーは同じ音で構成されているので表裏一体のかんけいなのです。
その辺は以前のペンタトニックスクールを参照してちょ。)

それまで暗い感じだった曲が、メジャーに転換することで一気にテンションアップします。
このギターソロにやたらとカタルシスを感じるのはこれが大きな要因です。

で、ソロはローポジションから始まります。
基本はここもCメジャーペンタトニックなのですが、ここにB♭とE♭の音が追加されています。
この2つはCマイナー・ペンタの音なんですね。
ブルースの世界では、メジャ・マイナーのペンタを合体させて、強引にどちらのキーでも使えるようにしてしまっています。
「ブルース・スケール」なんて言ったりします。

ジョーペリーもこのソロでマイナーの音を足してCメジャー・ペンタよりも少し変わった響きを作り出しています。
↓ このポジションの青で囲った音ですね。赤い丸はCメジャーの音。あとは共通。

C1.gif

この付け足し加減がセンスなんですね。
あんまりやりすぎると気持ち良く無くなっちゃう。
けれどもその変態ぶりが支持されることもある。
この辺は結局弾き手の個性に左右されます。

ジョーはあくまでも味付け程度にやることが多いです。
今回も2つだけ。

で、これにつづくミドルポジション。

C2.gif

今度はCマイナーの方がメインになってしまっています。
メジャーキーでマイナーペンタを弾くと、独特のテンション感ある響きになるのでよく使われます。
ここにCメジャーの構成音であるAの音と、ブルース系ソロには欠かせない♭5thの音を付け足して、いつものジョー・ペリーお得意の形になります。
(詳しくはこれまでのジョーペリー編を参照ょ。コチラコチラ

ミドル・ポジションでも付け足す音は2つだけ。
これでいつもの指グセで弾きまくれるので、このミッド・ポジションが一番多く使われています。

このソロはジョー・ペリーのソロの集大成みたいなもので、ジョーおなじみのテクニックもふんだんに使われています。
そういうのもいくつか紹介して行きたいと思っていますが、それはまたいつか別の機会に続きます。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

11月25日 エコ?

プラモブログの方にも書きましたが、久しぶりにギターの食玩を買いました。

IMG_0788.jpg

でもって自作エフェクター部的にはここからが本番。

プラの内箱を分解して波つきのプラ板を取り出しました。

IMG_0798.jpg

小さい食玩でしたがミニケース4つ分は確保できました。
波が浅いので、高さ容量的にギリギリなものに使えると思います。

いつも言っていますが、内部の絶縁にはこういったお菓子やおもちゃのパッケージを使います。
良さそうなのがあったら分解してとっておきます。

市販のプラ板よりも薄くて丈夫で使い勝手が良いです。


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽