So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
Naval Comp ブログトップ

9月24日 コンプ・リバイバル。 [Naval Comp]

まだ音は録ってないんですけど、前回作った光学式コンプがすこぶる良い感触です。
こうなってくると、ICとトランジスタで作ったソリッドなコンプとの違いも気になってきます。

以前に一度、ダイナコンプは作ったのですが、ツマミを4個にしたせいで、逆に使い勝手がいまひとつになってしまったのですよ何事もやりすぎは良くないということです。
ノイズの量もちょっと多いかなと。

ってことで、じゃあ、ROSSコンプの方を作ってみようかな、なんて思った次第であります。

2台目なので同じことをしても面白くない。
せっかくだから何とかしてミニケースに収まらないかな?
なんてぼんやり考えながらレイアウトを作り直しました。

いつものように、下の画像のリンク先にあるレイアウト・アーカイブページから、同じバナー画像を探してクリックしてください。レイアウトのPDFにリンクします。まわりくどくてすみまめん。

logo_ross.gif

前回に引き続き参考にしたのはトンパのレイアウト。 最終的には全く違う形になりました。
なんとかミニサイズにおさめました。
ただ、Q4の高さと、ほとんどの抵抗を立てて配置しているので、その高さが心配です。
多分、大丈夫だとはおもうんですけど、どうかな・・・・・

++ 続きを読む ++


nice!(4)  コメント(0) 

12月2日 コンプレッサーを試す。 [Naval Comp]

NC_015.jpg
コンプの使い心地をいろいろと試しています。

まずは、左下の TRIM ノブを試してみました。


↑ 最小→真ん中くらい→最大と変えています。

一度聞いて分かるように、最小と最大では、減衰音がすごく不自然になります。
それから、音が一番伸びる状態にすると、ノイズが多くなります。
その辺の間をとったくらいのところに固定です。
はっきり言って、このノブは内蔵で良かったです。使える部分が非常にピンポイントに限られます。
もしかしたら、トランジスタのマッチングをしているので、トリマすら必要なかったかもしれません。
後々、KEELEYのようにプリゲイン的なノブに改造するかもしれません。

というか、このコンプ、予想以上にノイズが大きいですね。
IC をケチって一番安いのにしたのが原因かもしれません。
スペース的には余裕があるので、そのうち電解コンを4つ付け足して、ROSS的な改造をしてみようかと目論んでいます。

次は、歪み系を後ろに踏んでみました。

NC_014.jpg
↑ こんな感じ。


↑ うろ覚えシリーズ。
高校生のときに練習したやつなので、果たしてこれであっているのかどうか定かではありません。

セッティングは写真のまま。アタックを落としてコンプの効果を上げています。
どうも、バッキングにコンプは合わないかもですね。
なんかおとなしい感じになってます。


↑ なので、アタックのコンプを減らして、ダイナミクスを少し出しました。

う~ん、弾いているときは「おおっ、こっちの方が良いや」と感じたのですが、
mp3にしてしまうと違いが分かりませんね。。。

このノブも微妙なところですが、気分的には出しておいて良かったなぁ、という感じです。

NC_017.jpg
↑ こんな感じでもういっちょ。今度はソロ的なもの。
アタックを出して(このへん説明が難しいな。アタックのコンプ感を減らして)みました。


↑ ちょうど作ったばかりのバッキングトラックがあったのでそれに合わせてみました。

う~ん、どうだろ。。。無くても困らないんだよなぁ。
個人的に言えば、オレンジスクイーザーの方が好みなんだよなぁ(もう分解しちゃったけど)。

NC_018.jpg
↑ 見た目は格好良いので、何とか使える形に持って行きたいんだけどなぁ。
もう少し試行錯誤は続きます。


nice!(3)  コメント(10) 

11月22日 追い抜いた。 [Naval Comp]

勢いに乗って、FUZZよりも先に完成となってしまいました。

NC_013.jpg
↑ ぬおおおぉぉ、めちゃくちゃ格好イイ!!!!!
無駄に4ノブにしたかいがあったよ。(下の2つはこの位置で固定です)

コンプって、どう使って良いのかよくわからない。
とりあえずテストに音を録ったのでアップ。


↑ まずはエフェクトON。
ギターはいつもの練習用。P.U.フロント。ギターのToneを8くらいに絞ってます。


↑ これだけじゃ効果のほどが分からないので、エフェクトOFFの音も。

う~ん、なるほど。余韻が伸びてるな。
あと、減衰音の関係で、エフェクトON時に音量が大きくなったように感じるが、デシベルの表示は大体同じくらいです。

あと、コンプはノイズが乗りやすいと聞いていたけど、やはり無音時のノイズが多いです。

ひとまずの報告でした。
もうちょっといじくってみて、詳細はまた後日アップします。


nice!(10)  コメント(18) 

11月21日 プッツリッチ。 [Naval Comp]

うぃ~、テストをやってたら楽しくなっちゃった。
時間が無いので今日はちゃっちゃっと行きましゅ。

NC_007.jpg← 穴あけましーた。

NC_008.jpg← 配置してみましーた。

NC_009.jpg
↑ 線切りましーた。

なんか机の上がすごく汚い。コーヒーこぼしちゃいました。

NC_010.jpg
↑ つなげましーた。

で、テストしましーた。
いい感じです。トリマは外に出す必要なかったかも。
アタックも、固定でよかったかも。

どうしても 4 つノブがやってみたかったんだもん。
いいんだもん。

カッティングって、何やればいいの?


nice!(8)  コメント(13) 

11月15日 雨って嫌ぁね。 [Naval Comp]

身体がすごく弱い。
雨の降る前、急激に気圧が下がったりすると、フラフラボーッとしはじめる。
だから高層ビルとか、山とかも苦手。

そんなわけで、ネタはたくさんあるけれども、記事にまとめる気力がない。

とりあえず、先ほどやった作業の写真と簡単な説明だけ。

NC_005.jpg
↑ シール印刷はA5シートにするので、一度に3~4個ぐらいやらないともったいない。
そうすると個数分だけシールのデザインをする必要がある。
そうするとケース内部のレイアウトを決める必要がある。

ということで、まずはイラレでレイアウトをあれこれとやってみる。
各パーツのおおよその大きさはすでに決めてある。
この辺が長くやってきて蓄積されてきた部分だろう。

NC_006.jpg
↑ で、プリントアウトしたものにパーツを置いてみる。問題なく入った。
こんだけやってみても、いざ本番となるとズレて上手く入らなかったりする。

最近は、多少のズレも加味して 1~2mm 遊びを入れてたりもする。
左のようなミニケースや、超込み入ったレイアウトの場合、それすら許されない場合もある。
(最近だとパワサプが良い例)

さて、こいつらが組み込まれるのは、いつになることやら。。

あ、シールはもう入手しました。
なんか、いつものお店で普通に売ってました。
単なる品切れだったみたいです。

今日はもう寝るぅだよ。


nice!(7)  コメント(10) 

11月12日 いきおいが大事。 [Naval Comp]

バイオリズムというか、先日まではいろいろ録音するのに燃えていましたが、
今は猛烈にエフェクターを作る意欲が高まっているみたいです。

というか、一度ハンダのセットをすると、片付けるのが面倒だったり、またセッティングするのが面倒だったりで、この機会にいっぺんにやってしまおうと思ったりするわけです。

NC_001.jpg
↑ ということでまずは選別。

コンプの場合あまり気にしなくても良い部分かもしれないけどなんとなく。
回路図を見る感じだと、後半の対になっている2つは合わせた方が良い気もする。
ということで hFE 175~177 の間の5個を使いましーた。

さてさて、ここからはコツコツ少しずつ基板を作っていきましょうか。

NC_002.jpg
↑ 速攻で完成させてしまいました。
我ながら、とっても作りやすいレイアウトだと思う。天才。

IC の部分はちょいと悩みましたが、結局ソケットにしました。
ちょいポリシーに反しますが、「いつか缶タイプの3080を使うかもしれない」という欲望に負けてしまいました。

あと、1個だけ普通のフィルムコンになってるのは、注文時に0.047が無かったので。
みんな、買いだめしすぎだぁーよぉー。

どうせならとジャスト 0.05 のヤツにしました。
本家MXRはセラコンかな、たしか。

reTE_001.jpg
↑ ついでに、MPSA18 のマッチングもしました。
衝撃の事実が今、明らかに。

ジャストではありませんが、手持ち2/5の確立で0.05%のペアがあったのはラッキーでした。
ワウの組みなおしもやらなきゃぁなぁ。

録音素材もたくさんあるので、そちらの方も編集しながら小出ししていきますよー。


nice!(5)  コメント(10) 
Naval Comp ブログトップ