So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
Blues Breaker 超 ブログトップ

9月16日 ブルブレレイアウトつくった。 [Blues Breaker 超]

前回の回路図を元に改造ブルースブレイカーこと、キングオブトーンのレイアウトを作りました。

KOBlogo2.gif

↑いつものように、上のロゴをクリックしたリンク先のアーカイブページから、同じロゴを探してクリックするとレイアウトのPDFにリンクします。
いつものように、分かりにくくてすみません。

で、レイアウトの方ですね。
ミニサイズのケースに入るサイズになっています。
クリップのダイオードを基盤に収めることもできましたが、サイズの制約が多いミニケースで、取り回しがしやすいように、別にしました。

全て基盤に収めたバージョンも作ろうかとも思いましたが、時間がないので今回は割愛。

それから、クリップを切り替えるには当然スイッチをミニケースに入れなければいけません。
中点OFFのスイッチは、超小型サイズのやつがないのでもしかしたら難しいかもしれません。

その場合、普通のDPDTスイッチで、ブーストモード無しにするか、
シングルスイッチで、オーバードライブかディストーション、どちらかのモードとブーストモードを切り替えるようにするかのどちらかを選ぶのが現実的です。

Youtubeにある実機のデモ音を聞いてみると、ディストーションモードがキンキンして使いにくそうだったので、これがいらないんじゃないかと思っとります。
どのモードを省くかは、作る人のお好みで。

もちろん、小型サイズのスイッチがミニケースに収まるようだったら、それが一番です。

この辺も、一度基盤を作っていろいろ実験してみないと、どうなるかは分かりません。

それから、キングオブトーンにあるプレゼンス・ブーストですが、このレイアウトを使ってそのまま追加できるようになっています。

PDFの2ページめに図があります。

注意点が一箇所。レイアウト右上の、0.1μのコンデンサの上のラインをカットして、代わりにブーストの50kのPOTの1番に繋ぎます。
2番の端子は、ボリュームの3番の端子と繋ぎます。
これでOK。

あとは、実際に作るだけですけれども・・・・・
だいたいの場合、レイアウトが出来た時点で満足しちゃうんですよね。
とくに歪み系はまだ作ってないレイアウトもたくさんあるので、果たしていつになることやら・・・


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

8月14日 ブルブレ≒アナマン。 [Blues Breaker 超]

このところまたブログの更新が滞りがちです。
久方ぶりに自作系の話をしましょう。

最近ちょっと Marshall のBlues Breaker というか、Analogman の King of Tone が気になってあれこれ妄想していました。

で、とりあえず回路図を書いてみました。

EPSON010.JPG

ブルブレもKoTも基本的には同じです。
定数がちょっと違ったりする程度ですね。

(※ 参考にした回路は初期バージョンのKoTですね。 今のバージョンは2チャンネル回路になっているのでもっと複雑です。 現行では Prince of Tone というモデルがこれに相当すると思います。)

BBとKoTの一番大きな違いは、ダイオード・クリップですね。
ブルブレは後段の増幅の帰還部にクリップを入れています。
いわゆるオーバードライブ的なクリップですね。

KoTは、スイッチでメインラインからクリップでVbに落とす、ディストーション的なクリップと選択できるようになっています。

で、KoTは内蔵のDipスイッチを使って3モードのクリップが選択できるようになっています。
Prince of Tone だと、外出しのトグルスイッチです。
真ん中でブースト・モードになるので、中点 OFF のスイッチで、クリップ無しのいわゆる”ダンブル”モードにしていると思います。

これはオイラの妄想ですが、中点ONのスイッチを使って、両方のクリップを同時に使用したらどうなるのか? というのがちょっと気になっています。
中点 ON の DPDT スイッチはギャレットで買うことができます。
ただまだちょっと値段が高いのが難点。
どんな感じになるのか実験してみたいところです。

それから、KoTについているプレゼンス・ブーストのトリマーですが、これは省略しようと思っています。

ブルブレは、最後のところで0.1μのコンデンサを通して高音をグランドに落としているんですが、ここの前にトリマーで抵抗をかけることで、高音を残すようにしています。
(上の回路図の右側の赤い点線で囲んだ部分)

それは良いのですが、この高音をブーストした音がほぼ使えないんですよね。
ものすごくキンキンするみたいです。
アナログマンの出荷状態でもここの抵抗値はゼロになっています。
じゃあ何でこんなの付けたんだろう?
って思うけれども、まぁ、なんかアレコレ付け足したくなってしまう気持ちは分かります。

アナログマンのHP説明を見てみると、マーシャルアンプとレスポールの組み合わせで、フェンダーアンプでテレキャスを鳴らしたような音を出したい時に使うそうです。
ものすごい限定された使い道です。
でもそういう変態的な考え方、嫌いじゃありません。

けどまぁ、自分は最近は、できるだけ簡略化する方にベクトルが向かっているので、ここは省略しようかとも思っています。
クリップ無しのブースト・モードと組み合わせて、プレゼンス・ブースターとして使っても面白そうだとは思います。
うーん、そう考えるとやっぱり使いたくなってきた・・・
それだったら、どうせならトリマじゃなくて外に出しておきたいですね。

あとはマーシャルだと、後継機のブルースブレイカー2にブースト・モードってやつがあります。
これはすべてのツマミがほぼ効かなくなり、歪が無くなって、音量が大幅にアップする。
というものですが、はっきり言って全く使い道が無いので省略です。

このBB2のブースト・モードの改良版というか、省略版のようなものがKoTのプレゼンス・ブーストです。
(0.01μのコンデンサをカットしつつ、上の回路図左側の赤枠をプラスしたのがBB2のブースト)
だから、どっちにしろあんま使えないものだとは思います。

基本的に定数はブルブレの方に合わせて作りたいと思っています。
ただ、最後のカップリング・コンデンサだけは、キングオブトーンの1μにしようかなと思っています。
ブルブレはここを0.0001μとかにしてるんですが、なんか自分的にカプコンは大きい方が好みなので。

アナマンは、ここで大量に低音を通すので、代わりに高音のブーストを入れたのかもしれません。
そう考えると、やっぱり入れた方が良いのかなぁ、なんて思ったりもしますが、ぐっとこらえて省くことにしましょう。
・・・うーん、やっぱり出しておくのも良いかもなぁ。
一回テストしてみたいなぁ。

とりあえず、レイアウトの方も作ってみましょうか。 プレゼンス・ブーストは後からでも取り付けられるようにしておきましょう。
パーツ数的にはミニサイズにも入りそうですね。

KOBlogo2.gif


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
Blues Breaker 超 ブログトップ