So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月13日 ネック接着。 [ウクレレ]

少しずつウクレレの製作を続けています。
今回は側板からはみ出した表・裏板を削りました。

IMG_0983.JPG

この状態から80番〜400番の紙やすりを使ってここまで削りました。

IMG_0986.JPG

ところどころ色が濃くなっているところは、まだタイトボンドが残っています。

IMG_0984.JPG

ネックの接合が終わったら、仕上げのヤスリのときに消します。

IMG_0985.JPG

くびれの部分が美しいです。
磨きながらウットリ。

ボディーの形に合わせて、ネックの接合部もヤスリました。

IMG_0987.JPG

で、テンション上がった勢いで、このまま一気にネックの接着まで行ってしまおう!!
と、先を急いだのが間違いでした・・・

ネックの方にはもともと6mmのダボを差し込む穴が開いていました。
ボディー側にもダボ穴を開けるために、

IMG_0989.JPG

ダボ穴マーキングポンチというヤツを使います。
これを片方の穴に挿して、位置を合わせながらボディーに押し付けて目印をつけます。

IMG_0990.JPG

で、あけた穴にダボを挿して合わせてみます。

IMG_0991.JPG

少し隙間は開いていますが、これくらいなら許容範囲でしょう。
ほんとうは、時間も遅くなったしここで一度やめて、また後日に続けるべきでした。

説明書には「ダボ穴にたっぷりボンドを入れる」と書いてあったので、その通りにたっぷりタイトボンドを注ぎました。
すると、ダボ穴がキツキツの状態だったので、たっぷり注いだボンドの逃げ道がなくなって、ダボが奥まで入らずに少し浮いた状態になってしまいました。
それでもまだ「力一杯押し込めば大丈夫だろう」と焦ってそのまま接着してしまいました。

IMG_0992.JPG

接着はこんな風に、チューブゴムで締め付けます。
で、このまま一晩おいて乾燥を待ちました。

翌日、

IMG_1001.JPG

思っていたよりも隙間があいています。

IMG_1002.JPG

こちら側はオッケーですが、

IMG_1003.JPG

こっちはちょっと厳しいかもしれません。

コンコンとネックを叩いてみると、しっかりボディーに音が響いているので、まぁ大丈夫なのかもしれませんが・・・・うーん。。
悩むところですね。

ネックとボディーにも段差が出来ています。
ダボがうまく奥まで入らなくて、無理やり力で押し込んだから曲がってしまったのかもしれません。

すごく迷いますね。
下手にリカバーしようとして、取り返しのつかない事態になることも多いに考えられます。

最初に作ったウクレレということで、あえてこの失敗を残して次の教訓にする考えもあります。
迷いますね。

nice!(10)  コメント(0) 

9月11日 パンク修理。

先日の台風が去ったあと、自転車のタイヤがパンクしていました。
タイヤとチューブがまとめてかなり大きく裂けていたので、何か飛んできてぶつかったのかもしれません。
もしくは急激に気圧が下がって一気にタイヤが膨れたか。

とにかく、ヨドバシですぐに入手できそうなタイヤとチューブを注文して、週末に交換しました。

もうかなり長いこと乗っている GIANT Escape R3 ですが、タイヤの交換は初めてです。
随分と長持ちしてくれたものです。

IMG_0993.JPG

交換自体は特に問題もなくあっさりと終了。
ママチャリや折り畳み自転車にくらべるとかなり楽です。

今回は IRC というメーカーのタイヤを購入。
ヨドバシで在庫がある中で一番手頃だったので。

IRC というメーカーは有名ではありませんが、少し前までずっとブリジストンの自転車用タイヤを OEM 生産していたメーカーらしいです。
日本のメーカーで、パッケージにも大きく日の丸が書かれていますが Made in China でした。

まぁ、今はもうこれに乗って遠出することも無いので、これで十分だと思います。

フロントタイヤもそろそろ替えるべきなのかもしれません。

IMG_0997.JPG

ちなみに、デフォルトで履いていたのは MAXXIS のタイヤ。
台湾のメーカーです。
自転車に関して言えば、台湾と中国製では雲泥の差があります。

IMG_0995.JPG

チューブは、シュワルベを選びました。こちらはドイツメーカー/ベトナム製。
何となく、手ごろな価格で評判も良かったので選びました。

シュワルベのチューブを使う場合は”バルブコア”というパーツも締める必要があるので注意です。
専用の工具もあるみたいですが、自分はペンチでキュッとやりました。

バルブキャップが透明なのが何気に良いですね。

IMG_0994.JPG

以前アマゾンで5個93円で買ったアルミのバルブキャップにしても良いのですが、透明の方が見た目も軽くて良いですね。
樹脂素材なので、無くなったり劣化したらアルミのに取り換えましょう。

バルブの長さが 40mm のものを買ったのですが、問題なく使えました。

IMG_0996.JPG

元々ついていたのは 60mm くらいの長さでした。こっちはアルミキャップ。
これ、長すぎて空気入れるときに邪魔だなぁと思っていたので、少し短いものを選びました。

で、ちょっと乗ってみた感じ問題はなさそうです。
思っていたよりも安く済んだので良かったです。

最後に、ヨドバシのアフィリは無いのでゾンアマのを載せておきましょう。

 

そうそう、今回買った IRC JETTY Plus は MAX で入れられる空気圧がこれまで使っていたのよりも若干低いです。
具体的には MAXXIS のは 120PSI まで入れられたのが、IRC は 100PSI までです。
ここは注意しなければいけません。

しばらくは前後で空気圧が違うので、メーターを見ながら少し慎重に空気を入れましょう。

nice!(7)  コメント(0) 

9月9日 ざっくりネック。 [ウクレレ]

貼り付けた表・裏板のタイトボンドが完全に乾くのを待つ間に、ネックを削りました。

キットに入っていたのは、大まかにカットした状態でカクカクしていました。
それを、100円ショップで買ったヤスリセットの80番で、

IMG_0980.JPG

ざっくりと削り込みました。

ネックの両サイドを削って幅を狭くして、握りのカクつきをなくして丸っこくしました。

IMG_0981.JPG

ヒールはかなり削り込みました。
良い感じに形成できました。

ヒールの継ぎ目の接着剤が気になりますね。
強度的に不安があります。大丈夫なのでしょうか?

80番のヤスリは凄いですね。
めっちゃ硬くてボロボロとヤスる面がこぼれて行きますが、ガリガリとマホガニーが削れます。

もっと細かい番手で仕上げて行くのは、指版を貼った後になります。

でもって、タイトボンドが乾いたようなのでクランプを外しました。

そうしたらまずは、表・裏板の側板からはみ出した部分をカット。

IMG_0983.JPG

大分ウクレレっぽい形になってきました。
このくらいまでカットしたら、あとはヤスリを使って丁寧に削っていきましょう。

IMG_0982.JPG

カットには、ホビーかんな、クラフトナイフ、コッピングソーなどを使って、少しずつ、力をかけすぎないように注意しながら削って行きました。
マホガニーは割れやすい材なので、ちょっとでも引っ掛かりを感じたらすぐに手を止めて、木目なんかを考えながら削る方向を変えてみたり、カンナからナイフに持ち替えてみたり、とにかく用心しながら慎重に進めました。
ここで「パキッ」とかいったら一巻の終わりですからね。

ところで、ギター・木工関連であれこれ調べ物をしているうちにすごい良い感じのギタースタンドを見つけてしまいました。


Fender の木製ギタースタンドなんですけど、格好良いです。
一目見た瞬間に欲しくなってしまったのですが、お値段が・・・
これの半額でも厳しいかも。。

なんとかこれと似たようなものを自作できないか思案中です。
ネットの世界では、同じような考えでこれに似たものを作っている人もすでにいるようです。
これに関してもいつか作ってみたいですね。


nice!(4)  コメント(0) 

8月6日 表板・裏板を貼りつけた。 [ウクレレ]

スプールクランプがようやく出来上がったのでいよいよウクレレの表・裏板を貼りました。

まずは、説明書通りにあれこれ下準備。
そうしたら一気に貼りつけ。

IMG_0977.JPG
ネックとボディエンドの部分は力を込めてとめたかったので、100円ショップでF型クランプを買ってきました。
スプールクランプは20個使いました。
Fクランプを使わなければ、24個全て使って丁度満遍なく押さえつけられると思います。
横から見るとこんな感じ。
IMG_0978.JPG
接着するボンドは、ちょっと多めにはみ出すくらい塗った方が良いと思います。
それで、はみ出た分は固く絞ったボロ布などで、薄く伸ばしながら拭き取る。
そうすると、良い感じに木の隙間にボンドが入り込んで、出来上がり時に段差や継ぎ目の目立たない綺麗な見た目になると思います。

丸一日圧着したら、今度は裏板を貼りつけます。

IMG_0979.JPG

裏板は縦横にうっすらカーブしているので、より慎重にクランプしなければいけません。

あと、貼り付ける前の準備として、ブレイシングをライニングの内側に合わせてカットしなければいけません。

表板を貼ってしまうと、内側にカット位置の印をつけられなくなってしまいます。
裏板のブレイシングをカットする位置も、表板を貼り付ける前に決めておくのを忘れないようにしましょう。

そんなこんなで、完全に圧着するまでこのまましばらく置いておきましょう。

夏の終わりまでに完成させることはできませんでしたね・・・・
来年の夏までには、なんとか・・・



nice!(6)  コメント(0) 

8月26日 スプールクランプを作った。 [ウクレレ]

久しぶりにウクレレの話です。
ウクレレ作りをさぼっていたのではなくて、ずっとスプールクランプという工具を作っていました。

(下の写真は見本)

IMG_uksc1.jpg

↑ こんな感じで、ギターやウクレレの表・裏板を側板に貼り付けるときに押さえつける工具です。

キットの解説書には「辞書など重しを乗せて圧着する」と書いてありますが、それだとやはり少し心もとない。
裏板はうっすらカーブしているので、さらに厳しくなります。

で、このスプールクランプ、買ったりするとすごく高いです。

IMG_uksc2.jpg

↑ 画像元の工房ミネハラさんでは、6個で4000円ちょいで売っています。
それでもお値打ち価格で売ってくれていると思います。
ウクレレを作には20個ほど必要になるので、普通に高級ウクレレが買えちゃいいます。

ウクレレを自作している人たちはたいていこのスプールクランプも自作しているみたいです。
必要なのは丸棒とコルクボード、12cmほどのネジ、ナットとワッシャです。

自作すれば数万円の費用が千円くらいに抑えられます。
そのかわりものすごい労力が伴います。

最初はこんなような丸棒を百円ショップで買ってきて適当な長さに切って使うつもりでした。

IMG_0949.JPG

でも、クランプ20個だと、上下で2個ずつ、予備も含めると40~50個くらい切らなければいけません。
地獄です。

機械工具もないので、手で切るとなると真っ直ぐな平面を作るのは無理でしょう。
そうなると、クランプとしての性能も落ちるわけで・・・

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

8月21日 DieYoungベースコピーした。 [Youtbe動画]

ちょっと前にベースをコピーしたのですが、ブログの記事にするのを忘れていました。


Black Sabbath の Die Young です。
Dio 期の代表曲のひとつですね。

サバスというとどうしてもトニーアイオミやその時のボーカルに意識が集中してしまいますが、ギーザーのメタルベーシストの中では群を抜いている存在だと思います。

特に、この頃のギーザーバトラーのベースは神がかっていますね。
自分も「新しい指遣いの練習用に」と軽い気持ちで挑戦してみたのですが、甘かったです。

まず、手数が多くてとにかく忙しい。
その上終盤には怒涛の難フレーズの連打があるので、1曲終わる頃には指がヘロヘロになります。

ピックで弾けばもっと正確に疲れずに弾けると思うのですが、指弾きによる”揺らぎ感“みたいなのがギーザーの特徴でもあると思っているので、是非とも右手の強化の意味も込めて挑戦して欲しい1曲です。
この忙しさを他のベーシストにも味わってもらいたい。

機材はいつものベースにいつもの BOSS コンと COT を Pod farm の Ampeg に繋いだ音。
ベースの方で、ピックアップを若干リア寄りに、EQのベースを若干ブースト気味にしています。なんとなく。

そんなこんなで、前に書いたように左手の指遣いの矯正中です。
指の根元だけ動かすってヤツですね。
あわせて、小指と薬指の強化も兼ねて、あえて小指薬指を多めに使っています。

この指遣いをそのまま真似てコピーすると少し難しくなるので注意してください。

おかげで、ただでさえキツイこの曲がさらにキツくなってしまいました。
演奏的に拙い部分もありますが、せっかくコピーしてアップまでしたので、良かったら見てやってください。


nice!(10)  コメント(0) 

8月15日 中華EQFS。 [中華ペダル]

先日買った中華EQのフットスイッチまわりの配線を調べました。

EQ7SW.jpg

テスターを使って調べたので多分大丈夫。

左側がINで右側がOUT、真ん中がLEDとざっくりと分かれてます。

でもって、中華フェイザーの時もそうだったのですが、せっかく機械式の3PDTフットスイッチを使っているのに、OFFの時にエフェクター回路がグランドに落ちてなくて、宙ぶらりんになっちゃってるんですよね。

これだとトゥルーバイパスにするメリットが半減しちゃうんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょうか?

中華ペダルのスイッチ周りは同じメーカーでもモデルによって違ったりと、その時々でアバウトに変化します。

それでも頑なに回路を浮かすことだけは徹底しています。

多分、作るのが簡単だからとか、そういう理由だと思います。
そういう設計思想で、音<コスト と割り切って作っています。
使う側も割り切らなければいけません。

バイパス周りも極細のラインなので心配です。

簡単にできるので、とりあえずここだけでも強化しておきたいところです。
次回はバイパス強化作戦です。


nice!(6)  コメント(0) 

8月13日 中華イコライザーを買った。 [中華ペダル]

ゾンアマの欲しいものリストに入れていた中華イコライザーが安くなっていたので衝動買いしてしまいました。

IMG_0950.JPG

このサイズで7バンド+ボリューム付きのEQです。
正直、凄いと思います。
で、それが2000円ちょい。凄いですね。まさに価格破壊。

IMG_0953.JPG

帯域周波数とメモリも一応入っています。

で、スライドボリュームはちゃんと全部センタークリック付きです。
1万超えるEQでもセンタークリックが無いヤツもあるので、凄いです。

でもって、動作テストとして軽く弾いてみました。
使い勝手は悪くないです。
1番良いところは「全てセンターのフラットにすると、OFFにした時とほぼ同じ音が出る」ことです。
これまた高級なEQでもフルフラットで音が変わってしまうこともありますので、なかなかに優秀な設計だと思います。
(あえて味付けとして音を変えている場合もあります)

アマゾンのレビューでは「ノイズが出る」という評価がありましたが、これはもうEQなのである程度しょうがない部分ではあります。
その時のノイズの出てる帯域をブーストしたらどうやったってノイズは増えます。
機種によってノイズ量の増減はあると思いますが、どうなんでしょう、大きい音で出してみないと分かりませんね。

IMG_0951.JPG

各バンドは±15dbで増減できます。
あまり可変幅は大きくはありませんね。
なので、超高域をキーンと強調したり、めっちゃモコモコの低音ブーミーサウンドにしたりとか、そういう飛び道具的な過激なサウンドは作れません。

ただ、ペダルのサイズ上、スライダーの移動幅が小さいので、あんまり可変域を大きくしてしまうと、操作感がものすごくシビアになってしまうので、現実的な幅で納めている方が使い勝手の点から言えば無難な選択だと思います。

今のままでもかなり細かいツマミ操作が必要です。

それでも、ワウ半止め風中域サウンドや、ドンシャリ風、高音強調キンキン系など、実用的な範囲で十分に変化が楽しめます。

これまで中華ペダルでも5バンドのEQはありましたが、7バンドというのは脅威的だと思ってたんですよね。
それがこの値段で買えてしまうのですから、そりゃあ自作も下火になりますね。
パーツ買うよりも圧倒的に安いんだもん・・・

とは言え、自作家にはそれ以上の楽しみがあります。
例えば、前回のフランジャーのようにバイパスを強化してみたり、
上からカラーリングを塗り替えても良いでしょう。
お手軽改造だけでも十分に楽しめます。

なんなら加工済みケースとスライダーのセットを買ったと割り切って、完全に作り直すこともできます。

ということで、動作確認ができたら早速中を開けてみましょう!!

IMG_0954.JPG

まずケースですが「アルミ製」の商品説明に嘘はないと思いますが、めっちゃ薄いです。
前に買った中華フランジャーよりもさらに薄いです。
指でギューッて締めるだけで変形します。(私の指はゴリラなので多少の誇張があります)

最初、裏蓋が取れないので「なんでかな?」って思っていたら、ジャックのナットを締めすぎて変形したケースが蓋を横から押さえつけていました。
ここは後で適度な厚みのワッシャ的なものを挟むなどして改善したいですね。

IMG_0955.JPG

でもって基板は2段になっています。
上の段は、完全にスライドボリュームのみとなっています。
ここだけ生かして、下段を新規に作り直したりしたいですね。

IMG_0958.JPG

下段の方はすべてチップパーツですね。
デュアルオペアンプだけでも4つ使っているのが確認できます。
その他にもそこそこの量のパーツがあるので、普通サイズのパーツで作り直すのはかなり難しいかもしれません。が、何とかしてみたいところですね。

IMG_0959.JPG

フットスイッチは3PDTのトゥルーバイパス。
それは良いのですが、固定にバネワッシャも、柔らかプラワッシャも挟んでありませんでした。
踏んだ衝撃がダイレクトにスイッチのネジ部分にかかるのは非常によろしくない。
最初に開けた時点で、ネジ山がかなりやられてて、ナットが固くてなかなか緩められなくなっていたので、即プラワッシャを挟みました。
ここはコストダウンしちゃダメな部分ですが、さすが中華ペダル。おかまいなしです。

ひとまず動くことは確認できたので、次はバイパス周りの強化とナット周辺の改善、カラーリング変更等を楽しみたいと思います。

あ、ちなみに自分はグライコを使うことはほとんどありません。
たいていはアンプの設定で事足ります。



nice!(7)  コメント(0) 

7月22日 コーラスの基板。

Maxon CS-F1 blade chorus の基板写真です。

IMG_0938p.jpg裏(クリックで超拡大)

IMG_0939p.jpg表(クリックで超拡大)

いまは各パーツの値を1つずつ書き出しています。

それが終わったら、今度は基板裏写真を反転させて、パーツと数値を書き込んでいきます。

気長にやっていきましょう。

そろそろウクレレも再開したいところです。


nice!(7)  コメント(3) 

7月12日 マクソンのコーラス。

メルカリの台頭によってヤフオクの相場が落ち着いて来たというのはもう何度も言っています。

以前のように、掘り出し物を探り出すような楽しみ方も少しずつできるようになって来たな、と思っていたのですが、宅急便の値上げはけっこう痛手ですね。
適正な価格になっているのだろうから、仕方ないことではありますが。

先日も勢いでMAXONのコーラスを落札しました。
落札価格350円ちょいとかなりお安かったです。
中に入っているMN3207とMN3102だけで元が取れるななんて思っていました。

しかし、送料をこれまでと変わらず600円そこそこと計算していたので、900円になっていたのは予想外でした。
まぁ、それでも十分に安いですが。

でもって落札したのがこちら。

IMG_0937.JPG

MAXON の CSーF1 コーラスペダルです。
電池の蓋が無いとのことですが、後述の理由によりケースを入れ替える予定なので問題無しです。

薄めのコーラスからエグい感じまで出せて、しかもメイドインジャパン。
音も良い感じなのですが、人気がなくて全く売れなかったそうです。
知名度も低いため、ヤフオクでもほぼ競合なく落札しました。

不人気だった理由が、全プラスチックの筐体。
強度的にはプラスチックでも問題ないのですが、ノイズの観点からするとどうなんだ?という気はします。

それから、最悪なのがプラ式のフットスイッチですね。
反応が悪くて、踏んでもON・OFFが切り替わらなかったり、1回踏んだだけで2回切りかわって元に戻ったり、とにかく扱いづらい。

実際自分も届いてすぐに試してみたんですけど、本当に反応が悪い。
3回に1回くらいは失敗する感じです。
これじゃあライブとかでは怖くて使えませんよね。

でも、音とかツマミの利き方とかは良いので勿体ないです。

今なら、アルミケースにまるごと入れ替えたりすることもできるので、安く手に入れることができたら凄くお得だと思います。
反応の悪い電子スイッチは廃止してトゥルーバイパス化は必須だと思いますが。

反応の悪さをなんとかできるなら電子スイッチのままでも良いとは思いますが、トゥルーバイパスにした方が簡単だし確実だと思います。

で、動作確認もできたので、早速中を開けました。

IMG_0942.JPG

良いですね。
みっちり詰まっている感じがします。

ここから、なんとか回路図とか採れないかなぁと思案中です。
電子スイッチと終段にあるらしいノイズゲートを省けば、MXRサイズのケースにも入れられるんじゃないか?だといいなぁ。

IMG_0940.JPG

使っているBBDも、ギャレットさんなどでジェネリックICが売られているMN3207とMN3102なので、レイアウトができれば他のコーラスペダルよりも手軽に作れるんじゃないかな、と思っております。

あとで基板裏の写真もアップしようと思います。
積層基板じゃないので、回路を取るのもそんなに大変ではないと思うのですがどうでしょう?

空間系だけにパーツ数は尋常でないですが。
抵抗の番号だけでもR70以上ありますが・・・
まぁ、気長にやって行きましょう。


nice!(12)  コメント(2)